園長ブログ

園の様子

歓迎会、園外保育

2009年 4月17日

園歌を歌います! 僕の部屋だよ! もらったよ! ほら、タンポポ! フ~! 見せて!見せて!

今日は年長・少の交流「入園歓迎会」を行いました。

年長さんは、年少さんのために作った「てんとう虫のメダル」のプレゼントを持って年少組のクラスへ。そして年少さん一人一人にメダルを首にかけてあげました。年少さんは少し照れていた様子でしたが、嬉しそうに私にメダルをかざして見せてくれました。
その後、年少さんの手を引いて園内めぐり。「ここが僕たちの部屋だよ!」と指さしをしながら、いろいろ丁寧に教えてくれている様子が見られました。
部屋に戻った後、年長さんは年少さんの前に並び、園歌を歌ってくれました。小さい子のお手本となれるよう立派な姿勢になり、少し緊張した様子で披露してくれました。

年長さんにとっては、自分が大きくなったことを実感し、年長になることの自覚を持つ活動でした。

年中さんは園外保育に出かけました。
絵本の付録に付いていたポーチの中に、いろいろな昆虫や植物の写真が載っているミニ図鑑を入れてみんなでお散歩です。
年長さんのこども農園の近くの草原で、いろいろな春を探します。「タンポポ見つけたよ!」「ほら、テントウ虫!」「バッタだ!」
ビニール袋の中に入れて、嬉しそうに持ちかえってきました。

「お外って気持ちいい!」と自然と足を外に向けたくなるこの季節、これからも園外保育を園の生活に取り入れて行きたいと思います。

園の様子

年少さんだけの降園

2009年 4月15日

年少さんだけの降園 粘土遊び 久しぶりの給食

昨夜はカミナリも鳴る荒れた天気でしたが、今日は快晴。あれだけ雨が降ったのに、園庭には水たまりも出来ず、子どもたちは朝から遊ぶことができました。

今日、年少さんは粘土遊びをしました。ちょっとベタベタする粘土の感触を楽しみながら、おだんご、雪だるま、ヘビなどを作りました。
そして今日から年少さんだけの午前中降園となります。バスの中は年少さんだけで車内も広々。

中・長さんは今日から一日保育で、久しぶりのパン給食です。進級してクラスが変わり、新しい友達と初めて一緒に食べる給食でした。

年少

雨の一日

2009年 4月14日

雨が降ってきたよ レインコートを着ました カスタネットで遊んだよ みんなで合奏!

今日は久しぶりの雨。
2週間ほど乾燥した日が続いていましたので、雨が降って園庭の草木も少し潤ったようです。

子どもたちは外で遊べず残念でしたが、一日部屋の中で遊んで過ごしました。年少の部屋では初めての楽器遊び。カスタネットを出して、カチカチとみんなで音を鳴らして遊びます。そして先生のピアノの曲に合わせてカスタネット演奏もしてみました。

帰りは持ってきたレインコートを着てバスに乗ります。初めて着る子も多いようで、自分で着るのは少し大変なようでしたが、レインコートを着ていれば雨に濡れても平気!と喜んでいる様子でした。

園の様子

こいのぼり

2009年 4月13日

IMG_0039-1.JPG

良い天気で、まだ4月なのに暑い日が続きます。
子どもたちには「暑かったら腕まくりしたり、上着を脱いでいいからね」と声をかけています。

もうすぐ5月。園でも鯉のぼりを出しました。「お家にもあるよ」「でっか~い!」と子どもたちの声。
保育室からも早速「屋根よ~り、た~か~い‥」と鯉のぼりの歌も聞こえてきました。鯉のぼりやカブトを作る製作もそろそろ始りそうです。

園の様子

全員登園2日目

2009年 4月10日

一緒に行こうね! (年中)初めての鍵盤ハーモニカ (年少)クレヨンでぐるぐる~

全員登園2日目です。

朝の登園では、年中・長の子どもたちが年少さんの手を引いて、保育室まで連れて行ってくれます。私が門のところで「おはようございます」と声をかけていると、年長さんが年少さんの子に「おはようございます!って言うんだよ」とそっと教えてくれている様子が見られました。


年少さんの活動では、クレヨンを使い始めました。昨日遊んだひらひらチョウチョに、好きな色のクレヨンでぐるぐると描いて遊びました。いろいろな羽の模様のチョウチョさんの出来上がり!

年中さんでは初めて鍵盤ハーモニカを使ってみました。とても楽しみにしていた鍵盤ハーモニカで音を出してみたり、先生のエレクトーンに合わせてみんなで演奏ごっこをしてみました。

年長さんは、年少さんへのプレゼントをただいま製作中。来週中には年少さんの部屋に行ってプレゼントを渡せそうです。きっと年少さんは喜んでくれますね。

園長プロフィール

湖東幼稚園園長 山口崇
園長の山口崇(たかし)です。
園での子どもたちの様子をこのブログを通じてお伝えします。
「今日、幼稚園でこんなことがあったよ!」と話すお子さんと、ご家庭での話題にしていただけたら幸いです。

ページの先頭へ