らいおんパパ

2008年度

うどん作り大会

2008年12月13日

IMG_3369.JPG IMG_3383.JPG IMG_3395.JPG IMG_3399.JPG IMG_0171.JPG IMG_3405.JPG

寒い冬のイベントはあったか~いうどん作り大会。
家庭からまな板・包丁など調理器具を持ちこんで、グループに分かれ保育室で調理を行います。

うどん作りの最初は塩水と小麦粉を混ぜ合わせること。子どもたちは小麦粉の感触を楽しみながら、小さな手で一生懸命こね合わせます。
小麦粉がある程度まとまった後、ビニールに入れ足で踏みます。「美味しいうどんにな~れ!」と子どもたちも何度も踏みます。お父さんに手をつながれ、ジャ~ンプと遊びながら踏んでいる様子もみられました。

その後、小麦粉を熟成させている間に、お土産用の生地を作ります。家で待っている兄弟・お母さんにも美味しく食べてもらえることを楽しみにしながら作ります。

熟成が終わった小麦粉は、麺切りを行います。ここでは包丁を使いますので、ケガの無いようお父さんが子どもの手をしっかり握って慎重に切ります。でも、麺が太くなったり、細くなったりとなかなか難しい様子。

切り終えた麺は、ザルに入れて茹でます。ここもヤケドをしないようお父さんの出番。子どもたちは「早く出来ないかな~」と待ち遠しい様子でした。

茹であがった麺にダシ汁と刻んだネギ、そしてエビ天をのせて、みんなで「いただきま~す!」。あちこちのテーブルから「美味~しい!」との声。自分で作ったうどんは格別のようでした。

イベントではらいおんパパスタッフのお父さんたちが、参加者の調理指導にあたりました。試作、事前準備等いろいろ大変でしたが、お陰で皆さん美味しいうどんを作ることができました。

砂の造形大会

2008年 7月12日

dc080614002.JPG dc080614014.JPG dc080614017.JPG dc080614035.JPG dc080614044.JPG dc080614058.JPG

今回の夏のイベントは親子で作る砂の造形大会。
新居海浜公園において、親子で小グループに分かれ、みんなで決めた「カメ」「船」「クジラ」などを協力し合って作りあげました。

作る過程では、子どもたちが海水を砂山まで何度も持ち運んだり、お父さん同士相談し合って造形している様子も見られました。

完成した作品はご覧の通り、どのグループもアイデアを出し合った見事な作品に仕上がりました。

造形が終わった後は一休み。冷たく冷やしたジュースや氷アイスを木陰でいただきました。

そして本日2つ目のイベント「スイカ割り大会」
子どもたちは目隠しをされ、「右右!」「左左!」と声をかけられ
「えいっ!」と棒を振り下ろします。子どもたちも初めての経験で、なかなかスイカは割れません。あちこちのグループから楽しそうな笑い声が聞こえてきました。
何とか割れたスイカはみんなで美味しくいただきました。

炎天下の中のイベントではありましたが、親子で過ごす楽しい夏の思い出になったことと思います。また親子のふれあいだけでなく、子どもを通して、お父さん同士が関わり合いを持てるイベントになったようです。

前のページを見る 次のページを見る
お父さんとあそぼう!

「子どもたちの喜ぶ姿が見たい!」そんな願いを持つお父さんたちが集まり、自らの企画・立案により、親子のふれあいイベントを行っています。

らいおんパパとは?

ページの先頭へ